第70回立軌展

講師の小松優子(渕上優子)が立軌展に出品、御高覧ください。10月31日~11月8日東京都美術館

70回立軌展

立軌展を観てきました。
渕上優子講師の作品(Eve0023, Eve0024)からは、不思議なパワーと
Eveが醸し出すかすかな感情が伝わってきました。
ギャラリートークでは、Eveの意味合いを述べていました。
女性のルーツはミトコンドリア・イブにある。
作品の女性の顔は具象的に見えるが実は抽象化した人間の顔である。
特定の人ではなく色々な人種の要素が含まれており、
EveのDNAが脈々と引き継がれている、そんな流れの中での女性を描いている。

2017110411550001.jpg

0 comments

非公開コメント